【大会課題曲】SHINE TO SHINE (Sato. EDIT) / NU-KO

EDIT大会が開催されている間にちょっとした解説や経緯について話そうと思います。
まず今日はユーロバカ生放送DJ Command部門でトップバッターに流されたSHINE TO SHINE (Sato. EDIT)を!
まさかトップバッターで来るとは思わなんだ
 

・コンセプト
今回のEDIT2曲のコンセプトは「ユーロバカが好きな人」は勿論、「ユーロバカを聞いたことがないけどユーロビートは好き」という人や「激しいEDITバッチ来い!」等々、とにかく『誰でも楽しめるEDIT』です。
よって、「あれ、これってもしかして…?」なんて思った所もあると思います(笑


・選曲
DUB-MIX COLLECTIONとVOL.3が同時にXFDが公開されたときからSHINE TO SHINEは決まってましたね。「うぉぉぉ、NU-KOさんの曲か!!!」と試聴したときからサビの叩きは大部固まってましたし…


・肝心のEDITの中身
生放送の紹介でCommand仙人部門始まったらのいきなりの古時計のカチカチ音だったので、観ていた方は驚いたのではないでしょうか(
自分らしさを出すために「OPはオルゴール使いたい!」と思ってました。以前はEUROBEAT FREEZEで「ゼンマイ巻いて~」で使ったので、被らないようにしようと思い付いたのが「古時計」でした。ちょっとストーリーチックにもしてみたかったのでこれつくっただけで満足しました(ぇ
そこから、アカペラとユーロバカVersion0.5を使って盛り上がりを作ってのBメロインストへ。

AYUMIでもそうなんですが、サビやリフに入ったときドカーンという音は作品内で一回しか使ってません。飽きないように…と音を色々と変えてはいましたが、自分で聞いても皆一緒に聞こえないwww

毎回のAメロでは様々なサンプリングを使ってますが、一応元ネタとした原曲というものは存在しますw
このクラップ音はなんとなくで入れたのですが、まさかSHINE TO SHINEの振付と被るとは思いもしませんでした。(提出した後に振り付け動画が公開されたのでホントに偶然なんですww

あと、歌詞に「SHINE TO SHINE」とタイトルコールも無かったので2ヵ所程どさくさ紛れに言わせておきました(爆
「DUBちゃんと使ったの?」という声もありそうですが、流れを止めたくなかったのでDUBを全面的には使いませんでした。「縁の下の力持ち」的存在でDUBを活用したので、DUBがなければ完成しませんでしたね(^^;

明日はAYUMIを予定してます!!
スポンサーサイト
Date: 2015.12.09 Category: Edit  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sato.

Author:sato.
ユーロバカ一代「大陸間EDIT大会」にて二連覇達成するMIXに関して実力あるようなないような人。

NON-STOP MIXやEDITまたはREMIX作ってます。ユーロビートかユーロビートを聞いてます、あとユーロビートも。
MIXの依頼受け付けてます、ノンストに関しては要相談。販売用のMIX依頼も受け付けてます。

最新記事
最新コメント
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter